1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター、サンプルNo.1

IMGP3582.jpg

1年程前に市販品の調査目的で購入した物です。
はっきり言ってパルス、出ません。
噂のボリュームを回して赤いLEDが点灯しても出ません。

SCHEMATIC1 _ PAGE1

FETにはパルスが来ていて、きちんとスイッチングしています。
作ったパルスはコンデンサで吸収されちゃいます。

サンダーアップII改造後

D10をポリスイッチにしてC1 470u/35Vを外した波形

サンダーアップII改造後2

C5 0.1uを外した波形
もう少しチューニングすればしっかり出るかもしれません。

IMGP3585.jpg

パルスが出てないのにも関わらず、効いているという方も大勢いらっしゃるようです。
そんなもんですよ。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター、Nの罠

Orijinal_Desulfator.jpg
IMGP3581.jpg

CouperさんのDesalfatorです。
最近、あまり効果がないのがあるそうです。

IRF9Z34N.jpg

確かにリンギングの周波数が高い。
オリジナルの通りのはずが・・・
Q1のFET、オリジナルではIRF9Z34ですが、こちらはIRF9Z34Nが付いています。
大した違いはない?
オリジナル通りにIRF9Z34に取り換えます。

IRF9Z34PBF.jpg

全く違いますね。
これでオリジナルの通りになりました。
それではIRF9Z34とIRF9Z34Nでは何が違うのか。

IRF9Z34_Data.jpg

IRF9Z34N_Data.jpg

Nが付いただけでこんなにも違います。
Nが付いてFETとしては特性が改善されているのですが、Desalfator用にはNが無い物じゃないとだめなんです。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


コテ先温度計

国産品の1/10以下の値段で売っていたので買ってみました。

IMGP3573.jpg

見ての通り、まず箱からして怪しい。
某社の箱を一旦ばらして、裏返して再度箱に組み上げてます。

IMGP3574.jpg

説明書は日本語、英語、中国語とあるようですが、日本語のみありません。

IMGP3575.jpg

メーカー名と型番の所が抜けています。

IMGP3577.jpg

本物はMax Holdなんですが、こちらはただのHoldです。

IMGP3578.jpg

中身はいかにもって感じの作りです。

IMGP3579.jpg

本物の基板を見た事がないのでなんとも。
こんな物が1万円くらいで売られていたら、お気を付け下さい。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


黒い基板

お客様からのご依頼品です。

IMGP3547.jpg

簡単な回路なので試作も無しにいきなり基板にしました。
表は殆ど何もありませんが、裏はびっしりって程でもありません。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)結果その3 DPF-01投入

前回までで、デサルフェーターでパルスを掛けてもCCAは上がるけど、容量は少なくなる事がわかりました。
放電カーブの傾きが変わっただけです。
理想的形はカーブ全体が上方向にシフトです。

DPF-01で約3時間処理をしました。

YTX5L-BS_DPF-06_DPF-01_2017-2-14-7-25-26-EBC-A101.jpg

一番上の茶色のカーブです。
CCAも上がり、容量も若干増えました。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)結果その2

3回目です。

YTX5L_BS_DPF-06_2017-2-13-9-23-38.jpg

3回目はピンクです。
殆ど変わりません。
昇圧型DC-DCコンバータータイプのデサルフェーターではこの辺が限界かなと思います。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)結果

YTX5L-BS_DPF-06_2017-2-11-16-0-501.jpg

デサルフェーターでパルスを掛ける前が青、1回目が緑、2回目が橙です。
1回目は0.1Cで10.5Vまで放電してからパルス掛け20時間。
2回目は0.1Cで10.5Vまで放電後通常充電で最後に5時間程度パルス掛け。
パルス掛け前は0.1C負荷でも12Vまで低下していますが、パルス掛け後は徐々に改善されています。
この部分が実際にはCCAの変化として現れる部分です。
ただし、実際の容量は減っていますね。
つまりCCAだけ測ってもわからないって事です。

DPF-06は通常売られているデサルフェーターとはタイプが異なります。
もう少し様子を見てから完成です。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB 故障原因 その13 あああ

最近、エンジン温度センサーのエラーが始動時に出るようになりました。
走り出せば出なくなるのであまり気にせず、12か月点検に出しました。
点検が終わって店長さんから。
「結構濃い目にしていますか?、エンジン掛けてすぐはそう感じます。走り出すと調子は良いです。」
との指摘を頂きました。

症状としては完全に冷えた状態でエンジンを掛けると「ボッボッボッボッ」って感じで温まるとまともになります。
ECMが本当に温度が低いと勘違いして濃い目にします。
始動時のみかぶります。
ECM自体が温まって正常に温度を読めるようになるとまともになるので、エラーが出ない時もあります。
暖房の効いた室内ではエラーが出なかったのかも。

EcmDroidで確認するとCLTが-10℃のままで配線を揺さぶっても変わらず。
以前は弄ると温度が正常に戻ったんですが。
エンジン温度センサがとうとういかれましたか。
エンジン温度センサの予備がないのでとりあえずECMを交換したところエンジン温度は正常になりました。

HPIM1450_20170205142615fbe.jpg

エンジン温度センサーは11ピンなので赤丸の辺りで接触不良を起こし、ECMが温まると正常になるようです。
コネクタ部分は治しましたが、ここは内側なのでECMを完全に分解しないと治せません。

点検をお願いしたショップさんは昨年ハーレーのディーラーを辞めたそうで、デジテクが使えないとかでした。
一度コネクタ部分にひびが入ったECMはかなり内部までいかれているかもしれません。
同じ症状がでたらお気を付け下さい。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+) I-V特性

DPF-05_I-V特性

過充電にならないのかとか、充電終了の検出はどうしているのかなどの質問が多いので、DPF-05のI-V特性です。
基本的にはフローティング充電なので充電終了の検出はありません。
最大で14.2Vくらいですが、これは無負荷の時です。
バッテリーを接続時は13.6V~13.8Vくらいまでになります。
電子負荷の定抵抗モードで1KΩから1Ωまで振って出力の電圧と電流をグラフにしてあります。

PS1250M_I-V特性

30年くらい前のユアサの充電器、フの字特性になっています。

CPS-3205_I-V特性

安定化電源、垂直垂下です。

以下は測定に使用したプログラムです。

Dim StopFlag As Boolean

Private Sub CommandButton1_Click()

StopFlag = False
Dim Resist As Double
Dim Start_R As Double
Dim Stop_R As Double
Dim Step_R As Double
Dim CutOff As Double
Dim Voltage As Variant
Dim Current As Variant
CutOff = Sheet1.Cells(5, 2)
Start_R = Sheet1.Cells(6, 2)
Stop_R = Sheet1.Cells(7, 2)
Step_R = Sheet1.Cells(8, 2)

Sheet1.Cells.ClearContents
Sheet2.Cells.ClearContents
Sheet2.Cells(1, 1) = "抵抗値(Ω)"
Sheet2.Cells(1, 2) = "電圧(V)"
Sheet2.Cells(1, 3) = "電流(A)"
Sheet1.Cells(5, 1) = "制限電流(A)"
Sheet1.Cells(5, 2) = CutOff
Sheet1.Cells(6, 1) = "開始抵抗値(Ω)"
Sheet1.Cells(6, 2) = Start_R
Sheet1.Cells(7, 1) = "終了抵抗値(Ω)"
Sheet1.Cells(7, 2) = Stop_R
Sheet1.Cells(8, 1) = "ステップ抵抗値(Ω)"
Sheet1.Cells(8, 2) = Step_R
Sheet1.Cells(9, 1) = "抵抗値(Ω)"
Sheet1.Cells(10, 1) = "電圧(V)"
Sheet1.Cells(11, 1) = "電流(A)"

i = 1
Period = 0

KEISOKU_El1.CmdSend "v"
Dim ret
KEISOKU_El1.CmdRcv ret
Sheet1.Cells(1, 1) = ret

Resist = Start_R
KEISOKU_El1.CmdSend "ls" & CutOff
KEISOKU_El1.CmdSend "cr" & Resist
KEISOKU_El1.CmdSend "sw1"



Do While Period < 43200
i = i + 1

If Resist < Stop_R Then Exit Do

Sheet2.Cells(i, 1) = Resist
Sheet1.Cells(9, 2) = Resist
KEISOKU_El1.CmdSend "mv1"
KEISOKU_El1.CmdRcv Voltage
Sheet2.Cells(i, 2) = Voltage
Sheet1.Cells(10, 2) = Voltage
KEISOKU_El1.CmdSend "mc2"
KEISOKU_El1.CmdRcv Current
Sheet2.Cells(i, 3) = Current
Sheet1.Cells(11, 2) = Current
Resist = Resist - Step_R

If Resist < Stop_R Then Exit Do
KEISOKU_El1.CmdSend "cr" & Resist

If StopFlag Then Exit Do

Period = Period + 1

' For j = 1 To 10
For j = 1 To 2
' Sleep (70)
Sleep (1)
DoEvents
Next

Loop

KEISOKU_El1.CmdSend "sw0"

End Sub


Private Sub CommandButton2_Click()

StopFlag = True

End Sub



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+) 結果その2

2016-12-21-8-8-56-EBC-A10_GTH4L-BS.jpg

GTH4L-BSって3Ahだったんですね。4Ahだと思ってました。
0.1C放電で容量は100%を超えています。
CCAは140でした。規定値は50みたいです。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)

IMGP3281.jpg

この所、いきなり基板を作る事が多くなっています。
久しぶりにユニバーサル基板で動作検証です。

IMGP3283.jpg

元々マイコンの中にこの部分を収めようとしていたのですが、どうしても入らず。
74シリーズの汎用ロジックなんて何十年ぶりでしょうか。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+) 結果

バッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+)、原付のバッテリーでも効果があるのかという問い合わせを頂きましたので、修理屋さんから+端子が粉を吹いていたバッテリーを貰って実験しました。

2016-12-15-13-43-45_GTH4L-BS.jpg

左から、もらって満充電にした状態、ミニパル5で1日、ミニパル5でもう一日です。
1週間くらいパルス掛けてみますかね。
時短のため0.2Cで放電しているので0.1Cでは当然伸びます。

デサルフェーター関連の完成品はヤフオクに出品していますので、よろしくお願い致します。
左下のヤフオクのバナーをクリックしてください。
商品説明の中に、取り扱い説明書のリンクもあります。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB 故障原因 その12 完了?

IMGP3253.jpg

修理したECMはこんな感じになりました。

log20161204.jpg

ファンが回ると変な動きをしますが今年はここまでで、次は暖かくなったら考えます。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


中華製 DC SSR(謎→偽物)

アマゾンで中華製のDC SSRを購入しました。
SODIAL(R)SSR-25DD単相ソリッドステートリレーモジュール25A DC 5-60V

IMGP3238.jpg

IMGP3243.jpg


1番ピンと4番ピンがつながっています。
非絶縁です。
そういうもんなんですね。

「また、つまらぬ物を買ってしまった・・・」

どうやら偽物のようです。気を付けましょう。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


オシロスコープ・キット DSO-150 組み立て

JYE Techの最新のオシロスコープ・キット DSO-150を組み立ててみました。

JYE Tech DSO-150

IMGP3211.jpg

3種類あって、これはSMD実装済みでケース付のタイプです。

IMGP3213.jpg

電源を入れたら変な匂いがしたので気になってましたが、輝線が出ません。
下側に張り付いていました。
説明書のトラブルシューティングに従って調べると、どうやら負電源を作っているICL7660が壊れているようです。

IMGP3214.jpg

交換したら正常に動作しました。

IMGP3218.jpg

組み立ての注意ですが、LCDがいいかげんに貼り付けてあるのできちんと位置合わせをしないとケースがしまりません。
タクトスイッチの穴も少し広げてあげないとスイッチが押されたままになる事があります。
アナログ基板の裏側の部品の足は短く切らないと基板が浮いてケースがしまりません。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
We Love Buell
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
819位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
393位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。