1. 無料アクセス解析

オシロスコープ・キット DSO-150 組み立て

JYE Techの最新のオシロスコープ・キット DSO-150を組み立ててみました。

JYE Tech DSO-150

IMGP3211.jpg

3種類あって、これはSMD実装済みでケース付のタイプです。

IMGP3213.jpg

電源を入れたら変な匂いがしたので気になってましたが、輝線が出ません。
下側に張り付いていました。
説明書のトラブルシューティングに従って調べると、どうやら負電源を作っているICL7660が壊れているようです。

IMGP3214.jpg

交換したら正常に動作しました。

IMGP3218.jpg

組み立ての注意ですが、LCDがいいかげんに貼り付けてあるのできちんと位置合わせをしないとケースがしまりません。
タクトスイッチの穴も少し広げてあげないとスイッチが押されたままになる事があります。
アナログ基板の裏側の部品の足は短く切らないと基板が浮いてケースがしまりません。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB 故障原因 その11 ECMの手術 そして退院

なんか変なタイトルになってしまいましたが、ECMは全快しました。

log20161016.jpg

こちらは灰色のコネクタ側のみ治した状態です。
1か所だけ症状が出ています。青い囲みの部分。

log20161029_1.jpg
log20161029_2.jpg

こちらは黒のコネクタ部分も治した結果です。
まったく症状が出ていません。
ECM自体はこれで治ったようです。

そろぞれ一番上のデータの途中で赤い線が立ち上がっている部分、ファンが回り始めた時です。
エンジン温度CLTが一瞬高くなっています。
ファンが回った瞬間に電圧が下がって、故障の時の症状と同じ事がECM内部で起きているようです。
これはもうECMの構造的な問題かと思います。
ECMの入り口辺りに電解コンデンサ―でも付ければ少しは良くなりそうですね。

この3つを見て気が付いた方もいるかも知れませんが、ファンが回ってから全体的にデータが変ですよね。
実際に今までファンが回り出すと、何だか調子悪い気がしていましたので、これで原因がわかった気がします。
この件は次回以降で対策を考えていきます。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB 故障原因 その10 ECMの手術 その3 ECMカバー

IMGP3197.jpg
IMGP3199.jpg
IMGP3200.jpg

こんな感じに仕上がりました。

隙間にセメダインスーパーXのブラックを充填して出来上がりです。

このカバーは余計に作ったのでヤフオクに出品しています。よろしくお願い致します。
左下のヤフオクのバナーをクリックしてください。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


放電中

IMGP3187.jpg



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル3)1MHz達成!

pic_283_2.jpg

バッテリー・デサルフェーターですが、細部の定数の見直しを行い1MHzでの動作を確認しました。
1KHzのオリジナルのデサルフェーターが装着後2~4週間で効果が現れるそうです。
だからと言って1000分の1に時間が短縮されるなんて事はないでしょう。

デサルフェーター関連の完成品はヤフオクに出品していますので、よろしくお願い致します。
左下のヤフオクのバナーをクリックしてください。
商品説明の中に、取り扱い説明書のリンクもあります。





他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB 故障原因 その9 ECMの手術 その2

IMGP3178.jpg

IMGP3179.jpg

念のため黒いコネクタ側も開けて半田付けを治しました。

Buell_ECM_カバー

以前は片側だけのつもりだったので基板を被せるつもりでしたが、
両側とも開けたので仕上げはアルミでこんなカバーを被せる予定です。

こちらのカバーですが、ECMの開腹手術をした時の保護用なので、
何もしないでカバーだけ付けてもあまり意味はないですよ。
ただし、壊れてないECMの場合は放熱効果が期待できます。
ECM自体は動作中にかなり発熱します。
DDFI2とDDFI3で共用できる寸法にしてあります。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+)

IMGP3174.jpg

最近流行りのアクリルレーザーカットで、ついでにデジタル電圧計も付けてみました。
基板単体とだいぶ雰囲気が変わりました。

デサルフェーター関連の完成品はヤフオクに出品していますので、よろしくお願い致します。
左下のヤフオクのバナーをクリックしてください。
商品説明の中に、取り扱い説明書のリンクもあります。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


アクリル加工(えっ!ありなの)

IMGP3128.jpg

アクリル加工です。
それなりに仕上がりました。

IMGP3131.jpg

切り口はこんな感じです。

DPF-05パネル図

この図面を見て、えっ!ありなのと思った方、ありなんです。
注文サイズは:寸法--10cm Max * 10cm Max
DXFと念のため、このPDFを送りました。
まじめな方は5枚しか取れませんね。
2種類10枚ずつで合計20枚届きました。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB 故障原因 その8 ECMの手術

いきなりこの記事を読まれた方は、何の事かわからないと思いますので、右のカテゴリーで「Buell XB 故障解析」をご覧下さい。
XB12XTとXB12XのECM故障に関するものです。
目立った症状も出ず、前回から半年程ほったらかしにしていたのですが、まじめに修理する事にしました。

IMGP3111.jpg

結構ヒビが入っています。
肉眼ではあまりわかりませんが、写真に撮って明るさやコントラストを変えるとはっきりとわかります。

IMGP3112.jpg

開腹手術になります。
切開箇所にマークします。

IMGP3116.jpg

電気メス(半田コテ)です。

ここで使う電気メスは半田コテのコテ先がナイフの形状をした、ホットナイフと言われている物です。
ここで注意があります。
コテ先がカッターナイフの刃みたいに鋭い形状の刃を付けた物は絶対に使わないで下さい。
基板のパターンまで切れる事があります。
写真の形状の物だと、充填剤で刃が止まります。

IMGP3113.jpg

皮が取れました。

IMGP3114.jpg

充填剤は爪楊枝などて丁寧に慎重に剝がします。

IMGP3115.jpg

赤丸で囲った部分が○○です。
元々、こんな故障は想定していないのかベタアースの入れ方、サーマルレリーフもごく一般的なものになっています。
ベタアースは自動で入れて、まったく編集してません。

IMGP3122.jpg

ピンのパッドに半田を少し盛ってから吸い取ってみると、ピンとスル―ホールの間に隙間が目立ちます。
スルーホールに十分に半田を流し込んでから、念のため3つあるGNDピンをまとめて近くのベタアースにジャンパーを飛ばしました。

IMGP3124.jpg

動作確認が終わったらセメダインスーパーXを充填して出来上がりです。
最後に補強のために、この上から1.2mmの基板と1.6mmの基板を貼り付ける予定です。
セメダインスーパーXは黒だけ導電性があるとの噂がありますが、セメダインさんに確認したところ、そんな事はないとの事でした。
疑われている方は、ご自分でご確認下さい。


初めのうちは灰色のセンサー側のコネクタの不具合ですが、そのまま症状が進んで重症になると黒の出力側のコネクタにも不具合が発生するようです。
黒側のコネクタの場合は灰色とは逆でECMのラベルが貼ってある表側を開けます。
ヒビ割れが見つかったら早めに対処する事をお勧めします。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


BUFFALO DVR-1(DTV-H500R)赤点滅故障の原因は?

まだ、どうして壊れたのかわかっていません。

pic_277_1.jpg
pic_277_2.jpg

青がローサイド側、黄色がハイサイド側です。
デッドタイムは0.1uSはあるみたいです。
ゲート抵抗は1Ωが入っていましたが、10Ωに替えています。

2016/10/11
その後の経過です。
FETを交換しただけでは1日で壊れました。
ゲート抵抗を1Ωから10Ωに変更したところ、動作を続けています。
最終的な結果はいつ出るかはわかりません。

2016/11/13
動作継続中ですが、時々再生画像が固まる事がありましたが気温が下がってから症状は出ません。
冬の間は大丈夫そうなので、暖かくなる前に放熱方法を見直す必要がありそうです。

2016/12/26
動作継続中です。

2017/3/25
動作継続中です。

携帯のアドレスからのお問い合わせは、こちらの返信が届かない場合があります。
お問合せをされる場合はパソコンのメールアドレスからして下さい。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


BUFFALO DVR-1(DTV-H500R)赤点滅修理完了

BUFFALOのDVR-1ですが、早いと購入1か月で赤点滅なんて方もいらっしゃるようです。
DTV-H500Rも同じ構成のようです。
こちらは購入後2年4ヶ月で赤点滅状態になりました。

最初に結論です。
故障個所を特定して修理する事が出来ました。
部品代:¥26くらいかな


以下、順を追って説明します。

基板をよーく見ます。

IMGP3089.jpg

ありました。なんか焦げているデバイス。

F4BA.jpg

拡大するとこんな感じです。右半分が焦げて炭化しています。
F4BAというマークから型番を探します。
周りの部品からしてスイッチングレギュレーターではないかと。

・・・いくら探しても該当する物は見つかりません。

仕方ないので電源ごと作るかなー
取りあえず他の電源の電圧を測定します。

IMGP3099.jpg

何Vの電源でしょうね。

次に気が付いた事。
そもそも何の電源だろう。

IMGP3105.jpg

NT5TU64M16GGというDDR2 SDRAMの終端抵抗の電源じゃないかって気がしてきました。
(終端抵抗の電源は他の電源と違って吐き出し、吸い込みの両方が必要です。)
だとすると終端用のスイッチング電源ではないかという事で、また探します。
やはり見つかりません。

どうしたもんでしょう。
次は回路を見てみます。

F4BA2.jpg

なんかスイッチングレギュレーターにしては変なピン配置ですね。

もしかして

Pch_Nch.jpg

これじゃないか!

そうです。
ハイサイドスイッチにPchのMOS-FET、ローサイドスイッチにNchのMOS-FETです。
スイッチング・レギュレーターを探しても見つからないはずです。

BroadcomのBCM7540が直接ドライブしています。

0.95mmピッチで上記のピン配置で使えそうな物を探しました。

DSC_0590.jpg

1個でいいんだけどねー
50個買わされました。

壊れたのを外します。

DSC_0596.jpg

半田を盛ってもなぜか外れない!
3ピン側がパターン付きで剝がれました。
熱で溶着してたようです。どんだけ熱かったんだろう?

DSC_0601.jpg

剥げたパターンはジャンパー飛ばします。
取りあえず修理完了です。

ただ気になる事が・・・
BCM7540が65℃くらいになってる。

DSC_0605.jpg

申し訳程度に小っちゃい放熱器を付けました。

オシロでFETのドライブ波形も取ったので載せておきます。
細かすぎてプローブ2本同時にあてられなかったので1chずつです。

故障時の波形

pic_273_1.jpg

ローサイドNch

pic_273_2.jpg

ハイサイドPch

正常時の波形

pic_275_1.jpg

ローサイドNch

pic_275_2.jpg

ハイサイドPch

なお、この電源は0.9Vだと思います。

最後に
使用したデバイスは本当に合っているのか、わかりませんよ。
真似して壊しても知りません。
もう少し、きちんと放熱できるタイプを使ったほうがいいと思います。
また、壊れます。

次回は原因の究明です。

設計した方へ:直接の故障の原因は熱ですが、設計時のデバイスの選択ミス、熱設計のミスが元の原因じゃないかな。

これ見て交換した方もいるようですが、Q4以外にゲート抵抗も1Ωから10Ωに変更しています。


携帯のアドレスからのお問い合わせは、こちらの返信が届かない場合があります。
お問合せをされる場合はパソコンのメールアドレスからして下さい。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB 最新のECM?

Screenshot_2016-10-04-09-06-51.jpg

最近入手したECMなんですが、何か気が付きませんか?
2010年モデル用みたいです。
ECM Mfg.Date: 2016/05/17
ってなってます。
つい最近じゃないですか。
このECM Mfg.Dateってやつは、ファームのアップデートをしても変わりません。

Screenshot_2016-10-04-09-08-30.jpg

こちらは09XBのです。
まだどこかで作っているみたいですね。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5)

IMGP3072.jpg

なかなかいい感じに仕上がりました。
充電機能付きというか、車載ではなくAC100Vから充電しながらデサルフェーターを動かすってやつです。
回路はとことん簡素化しました。
裏面に配線パターンはありません。
定電流回路、発振回路などはアプケーションノートに出ているごく一般的な物になります。
バッテリーを接続しただけではパルスは出ません。
必ず付属のACアダプターを接続してから、ACアダプターをAC100Vのコンセントにさして下さい。
中華製の充電クリップは絶縁のビニールが薄くて短いので、上からビニールホースを被せてあります。
興味のある方はお問合せ下さい。

DPF-05基板

V-cut、面付けしないので4隅は丸く面取りしてあります。
デバッグ中に床に基板を落とすと角が欠けるって、よくやりますよね。

気のせいか、高周波屋さん的パターンになってきましたね。
マイクロストリップラインじゃないです。
でも右下はほとんど高周波アンプのドライブ回路にしか見えません。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Elecrow OCS/ANA 新木場→羽田→新木場

elecrow4.jpg

謎の動き

国内の配送は佐川さんでした。
OCSは佐川さんに引き渡すときに、個人宅は18時以降の時間指定をわざわざ付けてくれるようです。

DPF05.jpg

次の基板です。
今回は到着前にメールが来ました。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Elecrow サイトリニューアル

今月、Elecrowのサイトがリニューアルされ日本語が選べるようになりました。

elecrow_hp.jpg

ここまでは良かったんですが、基板の発注をした後の流れが変わりました。

今までは、
1.ガーバーを送って注文
2.Elecrowから自動返信メール
3.ガーバーを確認したので基板を作るよってメール
4.基板が出来たって写真付きのメールで追跡番号の連絡
5.到着

でしたが、3.と4.がなくなっていきなり5.到着になりました。

1.ガーバーを送って注文
2.Elecrowから自動返信メール
3.到着

もしかすると緑の格安コースだったからかも知れません。
9/9に発注、配送はOCS/ANAを選んで9/16到着で、ちょうど1週間でした。
途中で以前のようなメールが来ないので連絡しても、まったく返事が来ません。

elecrow_hp2.jpg

届いてもステータスはInproductionのまま変化なし。

IMGP3059.jpg

IMGP3060.jpg

11シート届いて1シートにXマーク、全体で子基板は330枚で不良は1枚でした。
ここのところ基板が小さい(これは20x16mm)ので板端からの距離は0.5mmにしています。
前回は1.6mm厚だったのでミシン目処理になりましたが、今回は1.2mm厚でV-cutでOKでした。
Fusionの場合、49面付けまでは面付け料金無料みたいですが、基板サイズが最低の20x20mm以下なので、
別料金が掛かるみたいです。


その後、9/17
 基板が出来たって写真付きのメールで追跡番号の連絡が来ました。
→もう、届いているって!

結局、9/14に送ったけど、中秋節で9/15から9/17まで休みだったよだそうです。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
We Love Buell
青歯電脳接続小箱参型
BluetoothでECMと
Android端末を接続します。
青歯接続小箱弐型
減灯虫3 
信号で止まるたびに、
思わずにやっと
減灯虫がバージョンアップ
しました。
減灯虫3写真
ピンクワイヤー2 
お問い合わせ下さい。

ハレー用のタコメーター・アダプターです。
ピンクの線がなくて、タコメーターが付けられなくてお困りの方!
ピンクワイヤー2
KAWASAKIキャンセラー
カワサキ用のサーボキャンセラーです。
KAMC_IMGP1676.jpg
AMCリレー ~2009年用
マフラーは変えたくないけど、
いつもと違う気分を味わいたい方にお勧めです。
AMCリレー2009
AMCリレー 2010年専用
マフラーは変えたくないけど、
いつもと違う気分を味わいたい方にお勧めです。
AMCリレー2010
光るECMケーブル
Buell XB用
ECMをいじる時にPCと接続するケーブルです。
ソフトはフリーソフトのCDが
おまけで付きます。
~2010年、全年式対応です。
ECMケーブル2 点灯状態2
その他
ビュエルゲージ
 後付け燃料計
 ヤフオク出品中

チャジラ2
 バイク用チャージランプ
 受注生産開始

アイドルハーフ
 アイドリング時自動単気筒切り替え装置
 受注生産品

Buell XB用LEDウインカーバルブ
 受注生産品

お問い合わせ下さい
DP Factory
お店の入り口
バナーをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
マイ・オークションをごらんください
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1252位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
565位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ