FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

充電器製作 その14 CCA測定の原理

前回は回路図とプログラムでしたが、今回はCCAの測定の原理です。

CCA_SCH.jpg

動作としてはまずバッテリーの両端の電圧を測定し、次に0.1Ωの抵抗でショートして、この時のバッテリーの両端の電圧を測定します。
この2つの電圧からバッテリーの内部抵抗を算出します。
この内部抵抗にある係数を掛けるとCCA値がわかります。
詳しくはその13のプログラムを読んで下さい。

CCA_SIM.jpg

バッテリーを0.1Ωの抵抗でショートする時間は約1mSです。あまり長いと抵抗が焼けるし、配線も焼けるので気をつけて下さい。

この方法はラージパルス方式と呼ばれている物で、この他にもCCAを測定する方法はあります。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

No title

はじめまして
時間ができたのでCCA測定ができるこの充電器を作ってみようと部品を購入しました。
プログラムはPSOCということですが、一度ワークショップを受けただけで実際にプログラムを作ったことはありません。ソースをPSOC Programmerに書き込むとコンパイルできるのでしょうか。
古い記事への投稿で申し訳ありませんが、教えていただけると助かります。

No title

PSOC Programmerはコンパイルしたファイルを実際にデバイスに書き込むツールです。
もしかしてワークショップで寝ていませんでしたか。
コンパイルにはPSoc Designerを使います。
現在はPSoc Creatorですが、PSoc1専用の環境です。
CypressのHPからダウンロードできます。
Designer5SP6です。
ソースを入れてボタンを押せばできるってもんじゃありません。
CQ出版から関連書籍がありますので、一度読んでみたらどうですか。
コンパイル後のファイルが必要でしたら、左の問い合わせから連絡ください。
また、CCAの測定には4端子クリップが必要です。

No title

PSOC Designerをインストールして、ソースにあるものをいろいろ配置して、
なんとかコンパイルができました。
これからハードを作りながら動かしてみます。
念願のPSOCの入り口にやっと立てた気がします。
良い製作記事をありがとうございました。

Re: No title

クロックの設定と割り込みの設定もあります。CCA測定時のパルス幅を間違えると壊れます。
お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
We Love Buell
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
496位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ