FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

PSoC FANコントローラー その2

使用する石塚電子のフィルム型サーミスタ103JTに合わせて定数を決めます。
まず、ファンをONにする温度を30℃、ファンが全速で回る温度を50℃とします。

103JT温度特性

a,b,cの定数を計算するには、3箇所の温度と、その時のそれぞれのサーミスタの抵抗値が必要です。

これを4/27のExelに入れて計算します。

定数計算

PSoC Designerで新しくプロジェクトを作ります。

New_Project.jpg

Inputのタブからサーミスタを選んでワークスペースに貼り付けます。

Thermistor定数設定

ここで先ほど計算したa,b,cを入れます。
次にValuatorから、Set_Point_Regionを選んでワークスペースに貼り付けます。

Valuator_Set_Point_Region.jpg

これは入力された値を振り分けるコンパレータのような物です。
今回は30℃以下と30℃から50℃、50℃以上の3つに分けます。
ただ、分けると30℃、50℃の所が不安定になるのでヒステリシスを持たせます。

Valuator_Set_Point.jpg

add set pointで加えます。
次はOutputからFANを選んでワークスペースに貼り付けます。

FAN_12VDC_4A.jpg

ファンの回転数を制御する入力を選びます。

Select_Transfer_Function.jpg

条件を入れていきます。
30℃以下はファンは停止。
30℃から50℃は温度によって回転数が変わるようにします。
ファンの周り始めで、0から上げていくとファンが不安定なので最初は20%にします。
50℃以上は100%です。

Priority_Encoder.jpg

全体のブロックです。

ブロック図


ここでBuildをするとデバイスは何にするか聞かれます。

PSoC_Device_Configuration.jpg

次はデバイスのピンアサインをします。

User_Pin_Assign.jpg

できたらProgrammerで書き込みます。


スポンサードリンク


作るのが面倒なら・・・




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
We Love Buell
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
559位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ