FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

大橋産業 BAL No.1734 充電特性2

どうせなら軽自動車モードの充電特性を実測しました。
5Ahのシールドバッテリーを11.8Vまで放電させてから測りました。

BAL_1734軽自動車モード充電カーブ

昨日のイメージ図とは若干違っています。
オートバイモードが2段階なのに、軽自動車モードは3段階です。
しかもよく見ると、オートバイモードは軽自動車モードの1段目がないだけです。
両モードともに充電完了ランプが点くのは同じ場所です。
説明書にはこんな事は書いてないですね。
この方法は設定をきちんとすれば多段定電流充電法として確立されているようです。
3段階のピーク電圧が違うのは最初、設定値が違うのかと思いましたが、この充電器はバッテリー端子の電圧を測定しているわけではないので、充電コードの電圧降下分が現れているようです。

充電完了ランプ点灯まで約1時間20分、完全に切り離されるまで約4時間半です。

参考のために大自工業のPC-200との比較です。
BAL_1734_PC-200充電カーブ比較

PC-200はオートバイモードです。定電流定電圧方式で、オートバイモードでは約2.1Aです。
こちらは定電流で約14.4Vまで充電し、定電圧に移行、電流が約0.3Aになると充電完了ランプが点灯。
その後は約13.6Vのフロート充電になります。
充電完了ランプは充電開始後約1時間で点灯しました。

これだけじゃわからない。いったいBAL 1734はどうなのって方に解説します。
オートバイモードで接続して、すぐに充電完了ランプが点灯した場合。
最初の図を見れば判りますが、オートバイモードの場合は3段階のうち2段階目から始まります。
充電完了ランプが点灯した時点ではまだ14.4Vで0.8A流れているので、取り扱い説明書に書いてあるように、すぐにバッテリーが悪いとは思わないで下さい。
そのまま、3時間も待てば0.1Aでの充電が終わります。
BAL 1734の充電完了ランプは信じるなってのが結論です
軽自動車用に2Aで作った回路に、あとでオートバイモードをソフトに追加したみたいな形になっていますが、私が設計したのではないので、本当の事は知りません。
そうです。両方のモードとも0.1Aの充電が終わった時が充電完了です。
気長に待ってください。
待てない方は諦めて・・・
このシリーズの一番最初にヒントが・・・私はやっていませんよ。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
We Love Buell
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1000位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
496位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ