FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

e-Power 鉛バッテリー活性化装置

e-Power 鉛バッテリー活性化装置を購入しました。

IMG_3745.jpg
IMG_3747.jpg

これで¥980です。
早速150cca程度のバイク用シールドバッテリーで実験です。

e-Power波形1

かなり鋭い波形です。ピークは150mV程度に見えますが、オシロが安物なので実際はもっと高いかもしれません。

e-Power波形2

ON時間は8μSくらい。

e-Power波形3

繰り返し周期は97μSと出ていますので10KHz程度です。
普通に動作していますね。この程度の電圧なら電装品に影響もなさそうです。

次は自作のデサルフェーターの波形です。e-Powerの1枚目と時間軸は同じ500nS/divです。

MiniPul2波形1

かなり違います。
e-Powerはインダクタンス式と思われますが、こちらはキャパシタンス式です。

MiniPul2波形2

繰り返し周波数は20KHz程度です。
これは2号機です。1号機は強力過ぎた?ので常時バイクのバッテリーに接続できるように控えめにしました。
自作品はバッテリー電圧を監視して約12.8Vを下回ると動作を停止して待機状態になりますが、e-Powerには、この機能がないようなので、バイク用の小型のバッテリーには注意が必要です。
それにしても¥980とは恐るべしです。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

No title

EPOWERを、オシロスコープをつないでも、波形が出ないのですが、どのようにプローブを接続しているのでしょうか?

No title

オシロスコープの使い方がわからないって事でしょうか。
バッテリーか、安定化電源にe-Powerを繋いで、繋いだところにオシロのプローブを接続するだけ。
入力の結合はACとDCがあるけど、ACにして電圧レンジを下げれば(感度を上げれば)見やすくなりますよ。
上の波形は見ればわかりますが50mV/divにしています。
DC結合で12Vが見れる状態じゃ、この波形は見れませんよ。
トリガーの掛け方はわかりますよね。
お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
We Love Buell
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
559位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ