FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

オシロスコープ PDS5022S 修理

一年半ほど前に秋月で買ったOWONのオシロスコープPDS5022Sが壊れました。
波形観測中に変な臭いがして、輝線がいきなり+側に張り付きました。
このオシロの電源は+8.5Vと、-7Vの2系統のようです。
-7Vを+8.5VからDC-DCコンバーターで作っていますが、このDC-DCコンバーターのICが焼損しました。

オシロLM2611

最初はICの型番がわからなかったのですが、よく見るとS40Bという刻印があり、運のいい事にナショセミのLM2611だと判明しました。
データーシートから-7Vを作っている事もわかりました。
動作確認として、外部から安定化電源で-7Vを印加すると正常に動作しました。
LM2611を付け替えてもよいのですが、また壊れるかもしれないので、思い切って手持ちの9VのACアダプターに変えました。

オシロACアダプタ

ここで問題なのは-7Vのところに-9Vを印加して大丈夫か?

オシロ_フロントエンド

-7Vの消費電流は60mA程度。
フロントエンド基板で-側を使っているらしきところには79M05と337が入っているようなので多少電圧が高くても大丈夫としました。

あと1っ箇所、メインの電源側のTL431が膨れていたので取り換えました。

オシロTL431

LM2611で電力的には余裕がありそうですが、なんか気持ちが悪いです。
パッケージがSOT23なんですが、熱抵抗が265℃/Wもあるので、1W食ったら一瞬で焼けそうです。

リチウム電池の端子ですが、8.5Vの電源ラインにスイッチを通して接続されているだけに見えます。
充電回路はどこのあるのでしょうか。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
We Love Buell
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1132位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
559位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ