1. 無料アクセス解析

Buell XB アースのお話

ECMコントロール

XBではイグニッションコイル、インジェクター、ファン、フューエルポンプなどの制御はプラス側を12Vに常時接続して、アース側にECMで落とす事で行われています。
この図の上側の赤枠の部分です。下側の赤枠部分はECMのアースで、実はこの部分が一番大事な部分になります。
アースの強化はこの部分で行うのが一番効果的です。
イグニッションコイル、インジェクター、ファン、フューエルポンプの近くまで市販のアース線などで接続するのがいいと思われがちですが、アースのリターンはすべてECMのアースを通ります。
エンジン温度センサーとO2センサーのみ、エンジンブロックからアースを取りますが殆ど電流は流れません。

アース
アース2

上の図の赤枠部分と、下の図の赤枠部分、バッテリーからフレームへ接続されている部分。
この間を直接接続することでアース電位が安定します。

また、スターターのアースはフレームアースから取られているので、こちらも直接接続すればスターターの回り方はよくなりますが、この部分は200A程度流れますので、かなり太い線が必要です。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB Logから見えてくるもの(エンジン温度センサー異常)

エンジン温度センサーの異常かと思いましたが、他のセンサーも並べて見ました。

sensor20151220.jpg

これは上からエンジン温度CLT、バッテリー電圧、O2センサー、ファンのデューティーサイクルです。
CLTがポコポコ落ちてるところと、バッテリー電圧、O2センサーの変化が見事に同期していますね。
はい、答えはアースです。
バッテリー電圧が同期していなくて、エンジン温度CLTとO2センサーだけならエンジンブロックのアースですが、
3つが同期しているのでECMのアースっぽいです。
ECMのアース電位が不定期に変化する原因として考えられそうなのはファンですが今回は関係なさそうです。
ファンのデューティーサイクルが細かく変化している部分はバッテリー電圧でデューティーサイクルを
変化させられるテーブルを使っているからです。
DDFI3特有のもので、初期値はバッテリー電圧に関係なくすべて100%になっています。

という訳でアースの点検と強化です。

IMGP2364.jpg

とりあえず端子部分は全部半田を流し込みます。

IMGP2365.jpg

リア部分のフレームアースは2箇所です。

IMGP2368.jpg

どうせなのでこの2箇所を直接コードで接続します。
UL1015のAWG#14があったのでこれを使いました。

IMGP2372.jpg

最後にお決まりの場所のゆるみがないかチェックしてお終い。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB エンジン温度センサー異常!その後

まずはセンサーのコネクタを探します。

ETセンサー位置
ETセンサー位置2

右側のはずなんだが、見つからない。

IMGP2363.jpg

なんと左側にありました。
とりあえずコネクタ部分を清掃。
EcmDroidで冷間時の温度を確認すると4度、気温が10度で10度以内の範囲内ならOKらしい。

clt20151227.jpg

そう甘くはなかったようで、後半で再発、10km程度走ったあたりでアイドリング落ち着かず、拭け上がらず。

センサー配線図

エンジン温度センサー、O2センサーともにアース側はボディーアースなのでこちら側の接触不良もあるかもしれないけど、症状からして温まると出るのでセンサー本体が原因と思われます。
前回も書きましたが、エラーは出ないのでデジテクではわかりません。

XBのエンジン温度センサーはサーミスタです。振動に耐えられないのかなー。

ETセンサー特性

これは2005年のSMのデータですが、トラブルコードの項目からすると抵抗値は2009年も同じようです。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB エンジン温度センサー異常!

レギュレータの電圧を見たついでに他のデータも見たところ、エンジン温度センサーに異常発見?
エンジン温度は空冷ですがクーラントでCLTです。

clt20100815.jpg

こちちらは5年前のデータです。
正常に動いています。

clt20151220.jpg

先日取ったデータ。
赤枠の部分、ありえない動きをしています。
温度なので通常こんな急激な変化はしません。
センサーが壊れているか、どこか接触不良か調べて見ないと分かりません。
センサーは外して、テスターで抵抗を見ながらドライヤーで暖めます。

他にもO2センサーも挙動不審な動きをしています。
これでもエラーは出ないのでディーラーで見てもわからないでしょう。

EcmSpyの方はノートPCをくくりつけて、EcmDroidの方は下記のリンクを参考にしてlogを取って見ましょう。
意外な発見があるかもしれませんよ。
EcmDroidでLOG取り

取ったlogを見るには、
MegaLogViewer
こちらのソフトがいります。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB レギュレータ

レギュレータが故障した車輌のlogを見る機会がありました。

レギュレータ故障

電圧制御が全く効いてなく、整流されたのがそのまま出ている感じです。
上限はバッテリーが接続されているので制限が掛かっています。
下は出たり、出なかったりですね。
全般的には正常なレギュレータと逆の動作をしています。
電圧が高いとON、電圧が低いとOFF。

心配になったので自分の車輌でもlogを取ってみました。

reg20151220.jpg

結構ばらついています。
レギュレータという事で3端子レギュレータとか、安定化電源的な動作をするものと勘違いされてる方がいるかもしれませんが、バイクのレギュレータはこのONとOFFの電圧差、ヒステリシスが1~2V程度あります。安定化電源で言うところのリップル電圧になります。
バッテリーという巨大なコンデンサ負荷が接続されているので、こんなもんですよ。

reg20120219.jpg

こちらは3年半前に取ったやつ。
こっちのほうがバラツキが少ない気がします。
そろそろレギュレータ壊れるんでしょうかね。

次はFETレギューレーターにしたいのですが、問題が。
FETレギューレーターはすべて3相、しかも短絡型。
高年式のXBのレギュレータは単相、開放型です。
3相と、単相の違いはXBのレギュレータでは3相のほうがサイリスタとダイオードがそれぞれ1個多いだけなのでいいとして、
短絡型のレギュレータにしてもステーター・コイルが大丈夫かですね。
オルタネータの出力を短絡すると、磁気の影響で電流は流れなくなるそうですが、やってみるしかないですね。

Buell_REG2.jpg
Buell_REG2_PCB.jpg




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


LCRメーター DE-5000

今更なんですが、最近充電器の実験で使ってるインダクターの値が分からなくなるので、秋月で売っているLCRメーターを購入しました。

IMGP2335.jpg

抵抗はテスターと比較してそこそこ合っているのですが、Cは10~20%低め、Lも同じ傾向にあります。
問い合わせたところ、測定方式が違うのでそんなもんとの事でした。

IMGP2327.jpg

それより、このTL-21、寒いからかクリップが硬いし、ずれるので完全な4端子測定クリップに交換します。

IMGP2330.jpg
IMGP2325.jpg

半田が金メッキ部分に付かないように耐熱テープをしっかり貼ってから作業します。

IMGP2332.jpg

IMGP2333.jpg

完成です。
で、上の写真と、下の写真、クリップの先端部分どこか違いませんか。
上の写真ではショートのキャリブレーションができないんです。

IMGP2336.jpg

測定値はあまり変わらず。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
We Love Buell
青歯電脳接続小箱参型
BluetoothでECMと
Android端末を接続します。
青歯接続小箱弐型
減灯虫3 
信号で止まるたびに、
思わずにやっと
減灯虫がバージョンアップ
しました。
減灯虫3写真
ピンクワイヤー2 
お問い合わせ下さい。

ハレー用のタコメーター・アダプターです。
ピンクの線がなくて、タコメーターが付けられなくてお困りの方!
ピンクワイヤー2
KAWASAKIキャンセラー
カワサキ用のサーボキャンセラーです。
KAMC_IMGP1676.jpg
AMCリレー ~2009年用
AMCリレー2009
AMCリレー 2010年専用
AMCリレー2010
光るECMケーブル
Buell XB用
ECMをいじる時にPCと接続するケーブルです。
ソフトはフリーソフトのCDが
おまけで付きます。
~2010年、全年式対応です。
ECMケーブル2 点灯状態2
その他
ビュエルゲージ
 後付け燃料計
 ヤフオク出品中

チャジラ2
 バイク用チャージランプ
 受注生産開始

アイドルハーフ
 アイドリング時自動単気筒切り替え装置
 受注生産品

Buell XB用LEDウインカーバルブ
 受注生産品

お問い合わせ下さい
DP Factory
お店の入り口
バナーをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
マイ・オークションをごらんください
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
346位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ