1. 無料アクセス解析

充電器製作 その21 デザイン

IMGP2258.jpg



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電器製作 その20 定電流制御

XL4015.jpg

ヤフオクでぽちったDC-DCコンバーター基板。
定電圧、定電流動作をテスターだとしているように見えたんですが、定電流動作時に発振してました。
結果、コイルが熱くなってました。

IMGP2286.jpg

外部に電圧と電流のフィードバック回路を作って実験。

IMGP2287.jpg

オシロで電圧だけ見ていても何もわかりません。
電流プローブを使いましょう。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


UR18650A-6P

型番:UR18650A-6P
http://www.amazon.co.jp/dp/B005GBDLYK

それぞれの受け入れ時の開放電圧と内部抵抗です。
No.1 3.6270V/38.0mΩ
No.2 3.6271V/38.2mΩ
No.3 3.6274V/38.0mΩ
No.4 3.6264V/38.7mΩ
No.5 3.6271V/38.5mΩ
No.6 3.6268V/38.5mΩ

開放電圧の差は1mV、内部抵抗の差は0.7mΩです。
とても優秀ですね。

IMGP2265.jpg

充電します。

No.1 4.1713V/35.8mΩ
No.2 4.1722V/35.7mΩ
No.3 4.1712V/35.7mΩ
No.4 4.1702V/36.3mΩ
No.5 4.1726V/36.2mΩ
No.6 4.1729V/36.2mΩ

充電後6時間です。
開放電圧の差は2.7mV、内部抵抗の差は0.6mΩです。
オシロの電池エラーは出なくなりました。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


ICR18650

オシロが電池の充電エラーが出るようになりました。
調べて見ると、3個並列でこれを直列に2段で使っています。
上の段はほぼ満充電状態で、下の段のみ消費してました。

バッテリーパック

中身はこんな感じで、直列の電池の真ん中からはバッテリーパックの外への端子はありません。

バッテリーパック2

制御ICは電圧を監視しているだけ。

IMGP2229.jpg

仕方ないので全部のセルのテストをしてみます。
公称容量は2600mAhです。

2015-11-6-16-49-35-EBC-A05.jpg
1個目はまともでした。


2015-11-7-6-47-56-EBC-A05.jpg
2個目はちょっと容量すくなめ。

2015-11-7-9-35-57-EBC-A05.jpg
充電しても変。

2015-11-7-14-58-21-EBC-A05.jpg

放電に5時間、充電に2時間半。
全部終わるのに24時間営業でも2日かかりますね。

2015-11-7-23-20-32-EBC-A05.jpg
2015-11-8-11-9-30-EBC-A05.jpg
2015-11-8-19-36-55-EBC-A05.jpg

どうも5番と4番が足を引っ張ってる感じですね。
次は充電後の電圧のバラツキです。

それぞれの電池容量と充電3時間後の開放電圧です。ついでなので内部抵抗も。
No.1 2686mAh/4.1814V/41.6mΩ
No.2 2674mAh/4.1882V/47.4mΩ
No.3 2569mAh/4.1825V/43.6mΩ
No.4 2460mAh/4.1834V/47.5mΩ
No.5 2395mAh/4.1712V/58.6mΩ
No.6 2655mAh/4.1803V/43.1mΩ

6個の電池の内、「ICR18650」とプリントしてあるのは1個だけ。
これから、どうやって選択しろと言うんだ。
見なければよかった。

どう考えても、こんなもん使えないので、次はこちらを試して見ます。
型番:UR18650A-6P
http://www.amazon.co.jp/dp/B005GBDLYK



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


006P型Li-PO電池 800mAh?

006P型Li-PO電池、USBから充電できるとの事で購入してみました。

IMGP2220.jpg
IMGP2221.jpg
単体で残容量のチェックもできるようになっています。

2015-11-2-21-53-39-EBC-A05.jpg
早速、満充電にして容量を測ってみます。
公称容量の半分程度しかありませんね。

2015-11-3-13-42-32-EBC-A05.jpg
きちんと6.3V程度でカットオフが掛かっています。

IMGP2219.jpg
中身は420mAhのセルが2個直列。
そうなんです、420mAh×2だから800mAhなんですね。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー 65948-00Aの再生実験 その後

2015-10-27-18-25-35-EBC-A10.jpg

気温も下がってきたので、前回より若干下がっていますが、容量自体はまあまあです。
CCAは130程度です。
CCAが復活しないのはサルフェーションじゃなくて、高温で何かが変わったんじゃないかって気がして来ました。
XBのシート下はバッテリーには最悪の環境かも知れません。
なにしろドライヤーでバッテリーをあぶってるようなものですから。
Dekaの場合、60度以上の環境での使用は保障外だそうです。
DekaのAGM
高温では極板に悪影響を与えると書いてあるじゃないですか。
そう言えば、ユリシスの転倒センサ、最初はバッテリーの隣に付いていたけど誤動作するので目いっぱいシートの後ろに引越しされたんですよね。
今でも取り付け穴だけがバッテリーの隣に残っています。
誤動作の原因は温度ですね。

バッテリーラベル

製造から12ヶ月以上経過したら6~10Aで1時間以上充電しろって書いてありますよね。

充電方法

こちらには15V以上の状態を30分以上続かせない事って。

なんか矛盾してませんか?
10A流すには15V以上必要になりますよ。
こんな事したら中で発生するガスでかなり危ない状態になります。
たぶんこれは、製造後にまったく充電しないで放っぽいといた時の話だと思います。
車輌に搭載して普通に走っていた時の事じゃないので紛らわしい説明は書かないで欲しい。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
We Love Buell
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
740位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
346位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ