1. 無料アクセス解析

Buell デジタルテクニシャンII

フラッシュ・キャリブレーションの予約がまだ先なので、デジタルテクニシャンIIって何ができるのか、ディーラーさんに聞きに行きました。
一言、設定状態はわかるけどアイドリング以外はいじれないとの事。本当かよ?
クーリングファンの動作温度を下げて欲しかったのだが残念。
フラッシュ・キャリブレーションしてもらってから、EcmSpyで吸い出して比較すれば、どこが変わったかわかるかも。
秘密のベールに包まれているデジタルテクニシャンIIって何?
カタログは見つかりました。

デジタルテクニシャンII

で、その値段は。

ディーラーキット

あちらの値段で100万超えているんで、ディーラーさんも大変ですね。
パナのパソコン以外の部分の価格に関しては、20万でもぼったくりだろうなんて、思っていても言いません。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


2010年モデル発表セレモニー HD編

IMG_2271.jpg

IMG_2272.jpg

IMG_2277.jpg

IMG_2285.jpg

IMG_2290.jpg

IMG_2291.jpg

IMG_2293.jpg

IMG_2296.jpg

IMG_2298.jpg

IMG_2300.jpg

アクロバット張り切りすぎた結果。
パーコーションの為?? エンジン再始動ならず。やむなく押して歩くの図。

IMG_2301.jpg

IMG_2317.jpg

IMG_2318.jpg

IMG_2323.jpg

IMG_2325.jpg



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


2010年モデル発表セレモニー Buell編

Buellは端っこのほうに3台だけと寂しい。

IMG_2265.jpg

2009取り扱い説明書の71ページに、

              注意

空冷式エンジンでは、適正なエンジン温度を保つために、
シリンダーやシリンダーヘッドの周りに空気の流れが必要
です。長時間のアイドリング放置やパレードはエンジンの
オーバーヒートを招き、エンジンに重大な損傷を与えるお
それがあります。

それって日本の渋滞と同じ状況だよねって、HDJに以前質問をした事があります。
これに対するbuellさんの答え。

IMG_2288.jpg

ファンシュラウドです。

IMG_2330.jpg

IMG_2331.jpg

キーがないのでシートは外せないという事で、シート下を直接確認する事はできませんでしたが、脇からペンライトで確認したところ、奥に黒い壁があり、ほぼ予想通りのファンシュラウドと思われます。
ファンシュラウドはユリシスのみです。

エキパイガードです。

IMG_2328.jpg

右側のインテークを上側から。

IMG_2329.jpg

IMG_2332.jpg




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT 熱対策 その38 リレーと実験 その2 と EcmSpyのその後

今日は2010年モデルの発表会ですが、エリック・ビューエルさんが怪我で来れないので、文句が言えなくて残念です。

先日の実験で、なぜリレーが動作しなくなったか調査中です。

リレー2

これだと、イグニッションONでクーリングファンが100%で回るのですが、通常温度でONになった時よりも音がうるさく感じました。
もしかすると、0Nでも100%で回っていなかったのかも。
buellさんの設計では、ファンは単純にONとOFFではなく第1の速度と第2の速度という書き方をしています。
第1の速度が仮に0であればOFFなので、それはそれでいいのですが、問題はイングニッションONの時のファンの動作テーブルといものがECMにある事です。
もしかすると、テーブルを変更する事で、最初から第1の速度で回して、設定温度に達すると第2の速度で回す事ができるんじゃないかって事です。
最初からファンが回っていればフレームがさほど熱くならないどころか、シート下も熱くならない事が前回のリレーの実験で分かったので、出来ることなら変えたいところです。

EcmSpyのサイトに09モデルのROMの解析リンクが追加されました。
今のところ、パスワードで保護されていて見ることは出来ませんが、今後の成り行きに期待したいです。

■■■ お知らせ ■■■

電●ファンガー●を装着された方で、クーリングファンが固着された方がでたようです。
なお、正確な因果関係は不明なようです。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT フラッシュ・キャリブレーション

FakeJamesさんに教えて頂いたフラッシュ・キャリブレーションを頼みにディーラーへ行きました。
実際にはバイクを持ち込んで専用のコンピューター(たぶんデジタルテクニシャンII)を接続して、そのバイクの更新データがあるかをネットを通じて確認しないとわからないそうです。
これじゃ、ディーラーにも情報がないって事ですよね。そんなはずはないと思うのですが。
パソコンのBIOSのアップデートみたいに簡単になればいいのですが、間違えて事故でも起こされたら大変ですから、仕方がないのでしょうか。
とりあえず、予約して帰りました。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT 熱対策 その36 ファンシュラウド その3

前回熱風が漏れていたリアショックの上の部分を塞ぎます。

IMG_2239.jpg

よくある冷凍して、そのままレンジでチンできる袋です。

IMG_2240.jpg

耐熱温度も100℃となっています。

IMG_2241.jpg

受け狙いじゃなくて、まじめにやっています。

では、テスト走行です。
本日のデータ
気温30℃
走行距離約23.3Km
1回目クーリングファン作動約7.7Km地点、その後約5kmでOFF。
2回目クーリングファン作動約19.2Km地点、その後約2kmでOFF。
右側のシュラウドは戻しています。
なんだかファンが回り始めるのが早くなったようですが、原因は不明です。

IMG_2244.jpg

IMG_2245.jpg

IMG_2249.jpg

かなりいい調子です。シート下の温度は電動ファンガードを付けた時と同じくらいです。

IMG_2254.jpg

どうも耐熱温度を超えてしまったようですね。
きちんとシリコンゴムのシートに、耐熱の両面テープを使えば、シート下の熱対策は完璧です。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT 熱対策 その35 ファンシュラウド その2

前回、失敗した右側を改良しました。
その前に、エキパイにつけていたエキパイガードの裏側に、余っていた断熱材を2重に貼りました。

IMG_2184.jpg

金具のところがすでに焼けています。

IMG_2189.jpg

左側のラムエアスクープ、06モデルあたりからフレームに開いた、D字の吸気穴がなくなったので、ただのエアスクープになったやつは以前から外していましたが、右側のエンジンシュラウドエアスクープを今回外しました。
これは、buellさんの言い分では前方より走行風を取り込み、フロントバンクを冷却した後に、リアバンクを冷却するそうです。
でもリアバンクにしてみれば、フロントバンクで熱々になった空気なんてもらっても迷惑な話ですよね。

IMG_2186.jpg

IMG_2198.jpg

これを外して本当にいいのか?途中で熱くて乗れなくならないか。ちょっとした賭けですね。

で、本題のファンシュラウドです。

IMG_2193.jpg

ここまで右側も広げました。

IMG_2194.jpg

まだ、少し隙間があります。

本日のデータ
気温32℃
走行距離約37.3Km
1回目クーリングファン作動約18.9Km地点、その後約5kmでOFF。
2回目クーリングファン作動約29.2Km地点、その後約4kmでOFF。

左右ともに横からの熱風は出ません。
ジーパンでも熱いとは感じませんでした。

IMG_2200.jpg

IMG_2201.jpg

IMG_2202.jpg

IMG_2203.jpg

IMG_2204.jpg

IMG_2205.jpg


上側が、リアショックの上部がある部分に隙間があるので、ここでシート下に漏れています。
シート下の温度はファンシュラウド無い時と同じぐらいでしょうか。

確実にクーリングファンの動作は遅くなっています。
右側のエンジンシュラウドエアスクープは結局何だったんでしょうか。

後は隙間をふさぐ事と、クーリングファンの制御のプログラムが2010モデルと同じになれば、寒冷地仕様のXBは亜熱帯仕様になってくれるでしょうか。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT 2010年モデル その4 クーリングファンの新プログラム

HDJから確認が取れました。
オプションパーツのM1907A.3AKに関連する、09モデルまでのECMのプログラム書き換えですが、まだ日本国内では正式にやるとも、やらないとも、当然時期についても発表していないそうです。
もうしばらく、おあずけですね。夏が終わる前に正式なアナウンスを期待します。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT 熱対策 その34 ファンシュラウド

多分こんなんじゃないかって事で作ってみました。
材料はA4ファイル、耐熱温度100℃、¥105です。

IMG_2172.jpg

IMG_2173.jpg

IMG_2174.jpg

リアサスを囲う感じです。
耐久性、かなり危ない。
ここまで長くしてもシートは載せられます。
だったら、最初から長くしてくれればいいのに。

本日のデータ
気温32℃
走行距離約41.8Km
1回目クーリングファン作動約15.2Km地点、その後約3kmでOFF。
2回目クーリングファン作動約32.8Km地点、その後約5kmでOFF。

今日はファンシュラウドのテストのため渋滞にはまりたかったのですが、いつも信号3回待ちの357と明治通りの交差点もお盆休みのせいかがらがらです。

以下は約7.6km地点で撮影しました。この時までクーリングファンは動作してません。
エンジン切ったらクーリングファンが回り出しました。


IMG_2175.jpg

IMG_2176.jpg

IMG_2177.jpg

IMG_2178.jpg

IMG_2179.jpg

IMG_2180.jpg

IMG_2181.jpg

IMG_2182.jpg

IMG_2183.jpg

左側はかなり効いてます。ヒートプロテクタなしで大丈夫です。
右側は隙間があるので漏れます。改良の余地があります。
温度が70℃になっていないので少しは効いてます。
右はリアショックのリザーバータンクのホースをうまくよければできそうです。
クーリングファンは車体の中心より右側にずれています。
クーリングファンの出口を塞いでいるわけではないので、冷却能力が落ちる事もありません。
結果、電動ファンガードは要りません。
2010年モデルにヒートプロテクタがないのも納得できそうです。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT 2010年モデル その3

右側のオプションのエアインテークキットの日本向けパーツナンバーが決まってM1907A.3AKになったようです。
クーリングファンの新しいプログラムで温度以外に車速も取り込むと言う事で、もしかしたら常時ファンが回っていてくれるとありがたいのですが、ディーラーが夏休みで聞けません。どなたか詳しい情報を持ってませんか。
これが思っている通りの制御なら、横取り制御をしなくてすみそうです。

buellのアクセサリーカタログ

今まで熱問題を何年もほったらかしにしているので、どこまで改善してるのでしょう。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XBシリーズ クーリングファン・キット その3

試乗車用のファンコントローラーが出来上がりました。

IMG_2164.jpg

試乗車に電圧計まで付けてもらうわけにはいかないので、バッテリー電圧の計測機能も追加しました。

IMG_2165.jpg

フロントカウルの中にはこんな感じで設置します。

IMG_2170.jpg

青く光っているのがファンコントローラーのインジケーターで、隣のは実験用に付けてある、シート下の熱風のもとのクーリングファンの動作確認用のLEDです。

ファンコントローラーのインジケーターは赤と青の2色です。
赤はバッテリー電圧の確認用で、13V以下になると点灯し、12.5V以下で点滅してファンも停止させます。
青はファンの動作状態で、点灯で100%動作、2秒周期の点滅で低回転動作、1秒周期の点滅で通常走行時の動作です。

冬になる前には、残りの温度センサーも要りますね。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT 熱対策 その33 ECM

クーリングファンが回り始める温度を下げてやれば、フレームの熱に少しは効果があるとは思いますが、何しろ09モデルですから、EcmSpyを使うにはアドレスがわからない事には始まりません。
それに09モデルと言っても、
BUEZDOM5 08-12-08
BUEWD0J8 12-06-07
の2つがあって、私のはBUEZDOM5 08-12-08です。2008/08/12です。
EcmSpyで途中まで解析が終わっているのはBUEWD0J8 12-06-07みたいです。

ECMSPY01.jpg

ECMSPY02.jpg

この辺りまでは、アドレスではなくコマンドでやり取りしているので、まともに表示されます。

ECMSPY05.jpg

マップは当然違う内容のデータを表示してしまうのでめちゃくちゃになります。

ECMSPY07.jpg

アドレスがわかればここで書き込めるかというと、Firmのバージョンが違うとかではじかれるかも知れません。

書けたとしてもファンはキーON時のDutyは1つしか選べないので全開しかなく、これではバッテリーが不安です。

どなたかEcmSpyが使える年式で、ファンの動作温度を書き換えて試した方はいませんんでしょうか。

09でもディーラーでデジタルテクニシャンIIで書き換えてもらえれば可能かと思います。

■■■Buellさんへの要望。クーリングファンは常時低回転で回して下さい。■■■


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT 熱対策 その32 電動ファンガード外しました

本日のデータ
気温32℃
走行距離約30.8Km
1回目クーリングファン作動約10Km地点、その後約2kmでOFF。
2回目クーリングファン作動約15Km地点、その後約2kmでOFF。
3回目クーリングファン作動約25Km地点、その後約3kmでOFF。

以下の写真は約17.5Km地点で停車後、エンジンを切ってから撮影しました。

左側のフレーム温度52.5℃
IMG_2146.jpg

右側のフレーム温度50.0℃
IMG_2147.jpg

右側、シート下吹き出し口温度75.5℃
IMG_2148.jpg

左側、シート下吹き出し口温度57.0℃
IMG_2149.jpg

ECMの温度73.5℃
IMG_2150.jpg

フューズBOXのリレーの温度60℃
IMG_2151.jpg

バッテリーの温度53℃
IMG_2152.jpg

リアショックの上部の温度78.5℃
IMG_2153.jpg

今日も消防署の練習でした。
IMG_2156.jpg

フレームの温度は下がっていますね。
ただしシートの下は熱くなりました。
帰宅後、ファンが止まるまでの時間は2分くらいでした。バッテリー電圧は12.8V。
参考までに、ファンガード装着時は10分程度、バッテリー電圧は12.5Vまで下がりました。
この時のデータは7/30にあります。

■お断り■
この実験は、最初の写真にあるコンピュータ制御の増設電動ファンを取り付けています。
このファンが無い状態ではクーリングファンは今日より気温が低い時でも一度回り始めたら、最後まで止まりません。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


2010年モデル発表セレモニー

ハーレージャパンから何か送ってきたみたい。
2ヶ月くらい前に本社の「あらかわよしよし」さんに熱くて乗れないよってクレームを言ったから粗品でも送ってきたんでしょうか。
開けてみたら、ハーレーとビューエルの2010年モデル発表セレモニーの入門証が入ってました。
そう言えばFAX送ったんです。忘れてました。嫁のと二人分です。

IMG_2145.jpg



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB12XT リアショックの取り外し、取り付けと電動ファンガードの取り外し

先日取り付けてもらった電動ファンガードを外すので、リアショックの取り外し、取り付けをしました。
サービスマニュアルではジャッキアップしてからリアショックの上下のボルトを緩める事になっていますが、ジャッキアップすると不安定なので、その前に緩めました。
上側はM10のボルトがフレームについているので、ただ固いだけで8mmの六角で簡単に外れました。
下側が大変でした。T40のレンチで押さえながら、1/2のBOXで緩めるのですが、奥まっているので、BOXにまともに力が入らないし、T40のレンチもうまく押さえられません。規定値のトルク以上にきつく締めてませんか?それにT40側と1/2の両方とも少し舐めてますよ。
部品を発注しないと。さていくらふかっけられるでしょうか。
・・・T40のボルトCA0020.02A8 ¥680。
  1/2のナットDA0500.10CZ ¥320。やはり3倍でした。
  上側のM10のキャップスクリューは¥1,180だったかな?
  ナット以外は国内在庫ないそうです。
1/2のメガネが欲しい。
・・・その後、おまけの工具に1/2の片口があったんですね。
  いつもレンチの入ってる紺色の方しか使わないので気が付きませんでした。
  もっとも、こんな短いんじゃ、たぶん無理。

バッテリーを外します。
ECMの固定ネジは写真の右側は外し、左はECMが動く程度に緩める位のがいいようです。
完全に外すと、リアショックを外さないと手が入りません。
ところでどうしてバッテリーを外すんでしょうか?ターミナルから外しただけではだめ?
何も干渉しませんが、用心の為でしょうか。

IMG_2132.jpg

次は前輪にタイヤ止めをかまし、前ブレーキレバーをバンドで固定し、ジャッキアップです。
最初、みしっと音がします。
念のためにジャッキとマフラーの△マークの間には、先日買った、夏休みの工作用の木材の端材を挟んであります。
道路が若干向こう側に傾斜してるので、ジャッキの奥側にも端材を挟んであります。
ケチってタイヤ止めは金属のにしたんですが、すぐに滑って外れるので、ゴムの塊のタイプがよさそうです。

IMG_2133.jpg

結構上げるのかと思ってましたが、2~3cm位で後輪が浮きました。
後はサービスマニュアル通りにリアショック、その他を外します。

IMG_2136.jpg

電動ファンガードも外しました。
2箇所で止めてあるんですが、左側のネジは締め忘れでしょうか、指で回りました。
本当はファンの所から、リアショックも含めて覆っているといいんですが、どこか作りませんでしょうか。

IMG_2137.jpg

ここまでで1時間くらいです。
リアショックの下側のボルトに手間取ってしまいましたが、ディーラーの工数だと0.6Hなんですね。
取り付けですが、下側のボルトは規定トルクで問題なく締められましたが、上側は規定の70Nmで締めようとすると、ボルトが折れそうな感触があったので55Nmで諦めました。
意外と簡単に終わりました。

電動ファンガードですが、ファンの直径が12cmくらい、開口面積が113平方cmくらい。
電動ファンガードの開口部分の面積はどう多く見ても30平方cmくらいしかないので、約1/4程度になってしまいます。
また上側半分は殆どファンとの隙間がありません。
これでは・・・

以下は、言葉だけでは説明が難しいので写真です。
どれだけしか開いてないかがわかります。
LEOさんのホームページの写真だと開口部が影になっていて、よくわからないんですよね。

IMG_2142.jpg

IMG_2143.jpg

IMG_2144.jpg

ファンの上側半分は使えてないと考えていいと思います。

外すと横からまた熱風が出るし、シート下は熱くなりますね。
付いているとフレームが熱くなるし。
どちらにするか悩みますね。
ただ言える事は付いているとエンジンには優しくないです。
2010年モデルのファンシュラウドなる物が、どんな物か気になりますね。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
We Love Buell
青歯電脳接続小箱参型
BluetoothでECMと
Android端末を接続します。
青歯接続小箱弐型
減灯虫3 
信号で止まるたびに、
思わずにやっと
減灯虫がバージョンアップ
しました。
減灯虫3写真
ピンクワイヤー2 
お問い合わせ下さい。

ハレー用のタコメーター・アダプターです。
ピンクの線がなくて、タコメーターが付けられなくてお困りの方!
ピンクワイヤー2
KAWASAKIキャンセラー
カワサキ用のサーボキャンセラーです。
KAMC_IMGP1676.jpg
AMCリレー ~2009年用
AMCリレー2009
AMCリレー 2010年専用
AMCリレー2010
光るECMケーブル
Buell XB用
ECMをいじる時にPCと接続するケーブルです。
ソフトはフリーソフトのCDが
おまけで付きます。
~2010年、全年式対応です。
ECMケーブル2 点灯状態2
その他
ビュエルゲージ
 後付け燃料計
 ヤフオク出品中

チャジラ2
 バイク用チャージランプ
 受注生産開始

アイドルハーフ
 アイドリング時自動単気筒切り替え装置
 受注生産品

Buell XB用LEDウインカーバルブ
 受注生産品

お問い合わせ下さい
DP Factory
お店の入り口
バナーをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
マイ・オークションをごらんください
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
720位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
346位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ