1. 無料アクセス解析

バッテリー・デサルフェーター、サンプルNo.1

IMGP3582.jpg

1年程前に市販品の調査目的で購入した物です。
はっきり言ってパルス、出ません。
噂のボリュームを回して赤いLEDが点灯しても出ません。

SCHEMATIC1 _ PAGE1

FETにはパルスが来ていて、きちんとスイッチングしています。
作ったパルスはコンデンサで吸収されちゃいます。

サンダーアップII改造後

D10をポリスイッチにしてC1 470u/35Vを外した波形

サンダーアップII改造後2

C5 0.1uを外した波形
もう少しチューニングすればしっかり出るかもしれません。

IMGP3585.jpg

パルスが出てないのにも関わらず、効いているという方も大勢いらっしゃるようです。
そんなもんですよ。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター、Nの罠

Orijinal_Desulfator.jpg
IMGP3581.jpg

CouperさんのDesalfatorです。
最近、あまり効果がないのがあるそうです。

IRF9Z34N.jpg

確かにリンギングの周波数が高い。
オリジナルの通りのはずが・・・
Q1のFET、オリジナルではIRF9Z34ですが、こちらはIRF9Z34Nが付いています。
大した違いはない?
オリジナル通りにIRF9Z34に取り換えます。

IRF9Z34PBF.jpg

全く違いますね。
これでオリジナルの通りになりました。
それではIRF9Z34とIRF9Z34Nでは何が違うのか。

IRF9Z34_Data.jpg

IRF9Z34N_Data.jpg

Nが付いただけでこんなにも違います。
Nが付いてFETとしては特性が改善されているのですが、Desalfator用にはNが無い物じゃないとだめなんです。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)結果その3 DPF-01投入

前回までで、デサルフェーターでパルスを掛けてもCCAは上がるけど、容量は少なくなる事がわかりました。
放電カーブの傾きが変わっただけです。
理想的形はカーブ全体が上方向にシフトです。

DPF-01で約3時間処理をしました。

YTX5L-BS_DPF-06_DPF-01_2017-2-14-7-25-26-EBC-A101.jpg

一番上の茶色のカーブです。
CCAも上がり、容量も若干増えました。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)結果その2

3回目です。

YTX5L_BS_DPF-06_2017-2-13-9-23-38.jpg

3回目はピンクです。
殆ど変わりません。
昇圧型DC-DCコンバータータイプのデサルフェーターではこの辺が限界かなと思います。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)結果

YTX5L-BS_DPF-06_2017-2-11-16-0-501.jpg

デサルフェーターでパルスを掛ける前が青、1回目が緑、2回目が橙です。
1回目は0.1Cで10.5Vまで放電してからパルス掛け20時間。
2回目は0.1Cで10.5Vまで放電後通常充電で最後に5時間程度パルス掛け。
パルス掛け前は0.1C負荷でも12Vまで低下していますが、パルス掛け後は徐々に改善されています。
この部分が実際にはCCAの変化として現れる部分です。
ただし、実際の容量は減っていますね。
つまりCCAだけ測ってもわからないって事です。

DPF-06は通常売られているデサルフェーターとはタイプが異なります。
もう少し様子を見てから完成です。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+) I-V特性

DPF-05_I-V特性

過充電にならないのかとか、充電終了の検出はどうしているのかなどの質問が多いので、DPF-05のI-V特性です。
基本的にはフローティング充電なので充電終了の検出はありません。
最大で14.2Vくらいですが、これは無負荷の時です。
バッテリーを接続時は13.6V~13.8Vくらいまでになります。
電子負荷の定抵抗モードで1KΩから1Ωまで振って出力の電圧と電流をグラフにしてあります。

PS1250M_I-V特性

30年くらい前のユアサの充電器、フの字特性になっています。

CPS-3205_I-V特性

安定化電源、垂直垂下です。

以下は測定に使用したプログラムです。

Dim StopFlag As Boolean

Private Sub CommandButton1_Click()

StopFlag = False
Dim Resist As Double
Dim Start_R As Double
Dim Stop_R As Double
Dim Step_R As Double
Dim CutOff As Double
Dim Voltage As Variant
Dim Current As Variant
CutOff = Sheet1.Cells(5, 2)
Start_R = Sheet1.Cells(6, 2)
Stop_R = Sheet1.Cells(7, 2)
Step_R = Sheet1.Cells(8, 2)

Sheet1.Cells.ClearContents
Sheet2.Cells.ClearContents
Sheet2.Cells(1, 1) = "抵抗値(Ω)"
Sheet2.Cells(1, 2) = "電圧(V)"
Sheet2.Cells(1, 3) = "電流(A)"
Sheet1.Cells(5, 1) = "制限電流(A)"
Sheet1.Cells(5, 2) = CutOff
Sheet1.Cells(6, 1) = "開始抵抗値(Ω)"
Sheet1.Cells(6, 2) = Start_R
Sheet1.Cells(7, 1) = "終了抵抗値(Ω)"
Sheet1.Cells(7, 2) = Stop_R
Sheet1.Cells(8, 1) = "ステップ抵抗値(Ω)"
Sheet1.Cells(8, 2) = Step_R
Sheet1.Cells(9, 1) = "抵抗値(Ω)"
Sheet1.Cells(10, 1) = "電圧(V)"
Sheet1.Cells(11, 1) = "電流(A)"

i = 1
Period = 0

KEISOKU_El1.CmdSend "v"
Dim ret
KEISOKU_El1.CmdRcv ret
Sheet1.Cells(1, 1) = ret

Resist = Start_R
KEISOKU_El1.CmdSend "ls" & CutOff
KEISOKU_El1.CmdSend "cr" & Resist
KEISOKU_El1.CmdSend "sw1"



Do While Period < 43200
i = i + 1

If Resist < Stop_R Then Exit Do

Sheet2.Cells(i, 1) = Resist
Sheet1.Cells(9, 2) = Resist
KEISOKU_El1.CmdSend "mv1"
KEISOKU_El1.CmdRcv Voltage
Sheet2.Cells(i, 2) = Voltage
Sheet1.Cells(10, 2) = Voltage
KEISOKU_El1.CmdSend "mc2"
KEISOKU_El1.CmdRcv Current
Sheet2.Cells(i, 3) = Current
Sheet1.Cells(11, 2) = Current
Resist = Resist - Step_R

If Resist < Stop_R Then Exit Do
KEISOKU_El1.CmdSend "cr" & Resist

If StopFlag Then Exit Do

Period = Period + 1

' For j = 1 To 10
For j = 1 To 2
' Sleep (70)
Sleep (1)
DoEvents
Next

Loop

KEISOKU_El1.CmdSend "sw0"

End Sub


Private Sub CommandButton2_Click()

StopFlag = True

End Sub



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+) 結果その2

2016-12-21-8-8-56-EBC-A10_GTH4L-BS.jpg

GTH4L-BSって3Ahだったんですね。4Ahだと思ってました。
0.1C放電で容量は100%を超えています。
CCAは140でした。規定値は50みたいです。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル6)

IMGP3281.jpg

この所、いきなり基板を作る事が多くなっています。
久しぶりにユニバーサル基板で動作検証です。

IMGP3283.jpg

元々マイコンの中にこの部分を収めようとしていたのですが、どうしても入らず。
74シリーズの汎用ロジックなんて何十年ぶりでしょうか。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+) 結果

バッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+)、原付のバッテリーでも効果があるのかという問い合わせを頂きましたので、修理屋さんから+端子が粉を吹いていたバッテリーを貰って実験しました。

2016-12-15-13-43-45_GTH4L-BS.jpg

左から、もらって満充電にした状態、ミニパル5で1日、ミニパル5でもう一日です。
1週間くらいパルス掛けてみますかね。
時短のため0.2Cで放電しているので0.1Cでは当然伸びます。

デサルフェーター関連の完成品はヤフオクに出品していますので、よろしくお願い致します。
左下のヤフオクのバナーをクリックしてください。
商品説明の中に、取り扱い説明書のリンクもあります。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル3)1MHz達成!

pic_283_2.jpg

バッテリー・デサルフェーターですが、細部の定数の見直しを行い1MHzでの動作を確認しました。
1KHzのオリジナルのデサルフェーターが装着後2~4週間で効果が現れるそうです。
だからと言って1000分の1に時間が短縮されるなんて事はないでしょう。

デサルフェーター関連の完成品はヤフオクに出品していますので、よろしくお願い致します。
左下のヤフオクのバナーをクリックしてください。
商品説明の中に、取り扱い説明書のリンクもあります。





他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5+)

IMGP3174.jpg

最近流行りのアクリルレーザーカットで、ついでにデジタル電圧計も付けてみました。
基板単体とだいぶ雰囲気が変わりました。

デサルフェーター関連の完成品はヤフオクに出品していますので、よろしくお願い致します。
左下のヤフオクのバナーをクリックしてください。
商品説明の中に、取り扱い説明書のリンクもあります。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


アクリル加工(えっ!ありなの)

IMGP3128.jpg

アクリル加工です。
それなりに仕上がりました。

IMGP3131.jpg

切り口はこんな感じです。

DPF-05パネル図

この図面を見て、えっ!ありなのと思った方、ありなんです。
注文サイズは:寸法--10cm Max * 10cm Max
DXFと念のため、このPDFを送りました。
まじめな方は5枚しか取れませんね。
2種類10枚ずつで合計20枚届きました。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


充電機能付きバッテリー・デサルフェーター(ミニパル5)

IMGP3072.jpg

なかなかいい感じに仕上がりました。
充電機能付きというか、車載ではなくAC100Vから充電しながらデサルフェーターを動かすってやつです。
回路はとことん簡素化しました。
裏面に配線パターンはありません。
定電流回路、発振回路などはアプケーションノートに出ているごく一般的な物になります。
バッテリーを接続しただけではパルスは出ません。
必ず付属のACアダプターを接続してから、ACアダプターをAC100Vのコンセントにさして下さい。
中華製の充電クリップは絶縁のビニールが薄くて短いので、上からビニールホースを被せてあります。
興味のある方はお問合せ下さい。

DPF-05基板

V-cut、面付けしないので4隅は丸く面取りしてあります。
デバッグ中に床に基板を落とすと角が欠けるって、よくやりますよね。

気のせいか、高周波屋さん的パターンになってきましたね。
マイクロストリップラインじゃないです。
でも右下はほとんど高周波アンプのドライブ回路にしか見えません。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


超小型バッテリー・デサルフェーター(ミニパル4)

面付けの練習を兼ねて、超小型のバッテリー・デサルフェーターを作ってみました。

IMGP3057.jpg

DPF-04_kairozu.jpg

こちらはすべてアナログ回路で設計した物になります。
普通に555で作っても面白くないので、秋月で前から気になっていたデバイスを使いました。
回路図を見れば、このデバイスが何かはすぐにわかると思います。
555相当の発振回路内蔵のハーフブリッジ・ドライバーです。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー・デサルフェーター(ミニパル3)

IMGP2773.jpg

バッテリー・デサルフェーターです。
高電圧パルスでバッテリーの電極に付いたサルフェーションを除去するやつです。

回路図DPF-03


マイコン制御です。
以前に作ったミニパルのリメイクです。
色々と試せるようにLとCのパッドを作っています。
CPUは今までバイク用に使ってきて実績のあるPSoCです。
なんだか電源ICのデモ基板みたいな仕上がりになりました。
どうせ作るなら、基板を丸くしてちょっと遊んでみました。

DPF-03基板図

右側の高電圧部分は十分なギャップをとって、左側の制御部分はベタアースにしてあります。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
We Love Buell
青歯電脳接続小箱参型
BluetoothでECMと
Android端末を接続します。
青歯接続小箱弐型
減灯虫3 
信号で止まるたびに、
思わずにやっと
減灯虫がバージョンアップ
しました。
減灯虫3写真
ピンクワイヤー2 
お問い合わせ下さい。

ハレー用のタコメーター・アダプターです。
ピンクの線がなくて、タコメーターが付けられなくてお困りの方!
ピンクワイヤー2
KAWASAKIキャンセラー
カワサキ用のサーボキャンセラーです。
KAMC_IMGP1676.jpg
AMCリレー ~2009年用
マフラーは変えたくないけど、
いつもと違う気分を味わいたい方にお勧めです。
AMCリレー2009
AMCリレー 2010年専用
マフラーは変えたくないけど、
いつもと違う気分を味わいたい方にお勧めです。
AMCリレー2010
光るECMケーブル
Buell XB用
ECMをいじる時にPCと接続するケーブルです。
ソフトはフリーソフトのCDが
おまけで付きます。
~2010年、全年式対応です。
ECMケーブル2 点灯状態2
その他
ビュエルゲージ
 後付け燃料計
 ヤフオク出品中

チャジラ2
 バイク用チャージランプ
 受注生産開始

アイドルハーフ
 アイドリング時自動単気筒切り替え装置
 受注生産品

Buell XB用LEDウインカーバルブ
 受注生産品

お問い合わせ下さい
DP Factory
お店の入り口
バナーをクリックして下さい。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
マイ・オークションをごらんください
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
1459位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
678位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ