FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

エンジン一発始動

前回乗ったのが5月の上旬だったので、4カ月以上エンジン掛けてません。

IMGP5376.jpg

いろんな物が詰まってます。
ETC、EDLC、エマージェンシーストップシグナル、光ファイバーイグニッション・・・
毎年、夏に乗らない期間が長くなってる気がします。
エンジンは一発始動!3分くらいアイドリングして終了です。
あっちこっち蜘蛛の巣張ってました。
シートカバーには何かのサナギがくっついていました。
左前のウインカーはもげかかってたし・・・



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


まもまく5年、95%

IMGP5098.jpg

取り付けてから間もなく5年になるバッテリーです。
新品の時にCCAは515だったので現在95%以上に復活しています。
新型のバッテリー再生機のテスト中です。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB クラッチレバーロック

温まるとニュートラルが出ないですね。
IMGP4798.jpg
定番のアイテムらしいです。
近所のヤマハの販売店に行ったら、購入者以外の部品の取り寄せはお断りだそうです。
ネットではいくらでも売ってますけどね。
いつもお世話になっているお店に頼んだら翌日の午前中に入荷の連絡をいただきました。
ネット注文より早い!
IMGP4799.jpg
本当にポン付けできました。
IMGP4800.jpg




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB EDLC

EDLCを取り付けてみました。
IMGP4795.jpg
50Fが6個直列なので約8.3F
830万uFです。
ユリだから取り付ける場所があったけど、かなり大きいです。
厚みも5cm以上あります。
IMGP4790.jpg
中身はこんな感じです。
IMGP4789.jpg
これはきちんとバランス回路がついていますが、自作品はご注意ください。

以下がこのモジュールのデータです。
Module Brand:CSDWELL
Cell brand:CSDWELL
Manufacturer Model:CM0016RV0008LAAE013
Rated Voltage:16V
Absolute Max.Voltage:17V
Rated Capacitance:8.3F
Capacitance Tolerance:0%~10%
ESR(DC):180mΩ
Maximum Continuous Current (at 15℃):4.58A
Maximum Peak Current:26.6A
Short Circuit Current:88.9A
Maximum Leakage Current (72hrs/mA):0.16mA
Max.Series Voltage:750V
Capacitance of Individual Cells:50F
Power Density (W/kg):591.9
Maximum Energy (W.h):0.3
Energy Density (W/kg):1.0
Number of Cells:6
Operating Temperature range:-40℃~65℃
Storage Temperature range:-40℃~65℃
Weight:0.29kg
Cell Voltage Management:Active
Cycle Life:>500000
Shell Material:Aluminium Alloy Structure Shell
Typical Application:
Auto Rectifies
Wind Turbin Pitch control
Small UPS systems
Package Included:
1×Ultra Capcaitor Module

バイクの場合一番気になるのが
Maximum Leakage Current (72hrs/mA):0.16mA
この部分、漏れ電流です。
あまり大きいと付けているだけでバッテリーが上がってしまいます。
取り付け1週間後でバッテリー電圧は12.8Vでした。

このEDLCは動作中、保存中ともに最高温度は65℃なので、取り付け場所には注意しましょう。

IMG87.jpg

一時間程走行した時の温度です。
このユリは2010年仕様のカバーを付けているのでこの温度ですが、
2009年モデルまでの標準仕様だと80℃くらいになるので気を付けてください。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


ビューエルXB 電気系の診断を始めました

この様なblogを開設していると月に数件、お店の方、一般の方からビューエルXBに付いて色々なお問い合わせを頂きます。
ビューエルXBは製造が終了してから今年の夏で10年になります。
色んなトラブルが発生している車両もあり、修理が完了するまでに部品の取り寄せなども含めて半年以上かかる事もあるようです。
一番お問合せが多いのがECMを含めた電気系のトラブルに関する内容です。
お店の方からは電気系はわからないので、パーツを一つずつ交換して様子を見ていると聞きました。
特に見分けが難しいと言われたのが入力側の各種センサーの故障です。
最初から故障個所がわかれば、何個もパーツを取り換える手間も時間もパーツ代も節約できます。
そこで、前置きは長くなりましたが有償での電気系の診断をさせて頂く事にしました。
診断はECMの入力側のみです。
詳しくは左のお問合せより、連絡先を明記してお問合せ頂けますようお願い致します。
お問合せ後、数日しても返信が無い場合は迷惑メールフォルダなどをご確認下さい。
なお、診断にはEcmDroidが必要です。
EcmDroidでデータを取り込んでメールで送って頂きます。
その後、診断結果をメールでお送りします。
※車両の持ち込みはお断りします。

診断を依頼する前に、バッテリー端子のゆるみ、ヒューズ、リレーなどの確認をお忘れなく!




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


コンデンサー、ビュエコン3 その2

ビュエコン3を取り付け後、何が変わったのか。

log20170128.jpg
log20170128batt.jpg
取り付け前のバッテリー電圧の最低値が12.66V

log20181202.jpg
log20181202batt.jpg
取り付け後は13.49V
Maxはレギュレーターで押さえられているので殆ど変わりませんが、
Minが上がりました。
バッテリー単体だと落ち込んでいた部分をコンデンサーがしっかりと肩代わりしてくれてます。
電圧が落ちないという事は、イグニッションコイルの電圧も落ちないので点火パワーも上がります。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


コンデンサー、ビュエコン3

IMGP4474.jpg

バッテリーの再生が終わったので、ついでにコンデンサーを取り付けました。
コンデンサーは実験用にちょっとチューニングしてあります。

黄色がバッテリー端子のAC電圧
青がコンデンサーに流れる電流、1A/div

pic_461_1.jpg

アイドリング時

pic_461_2.jpg

2500rpmくらい?
青がコンデンサーに流れる電流、2A/div


インジェクターとかイグニッションの電流が見れるのかと思ってたんですが、
これってレギュレーターの出力そのものですね。

効いてるのか、効いてないのかって?
効いてますよ、これだけ電流がコンデンサーに流れていますから。

コンデンサー・チューニングとかオカルト的なのはあまり信じない方なんですけど、
取り付けた方から効いてる言われるので、電気的にはどうなのかを測定してみたわけです。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


4年前、4日後

前回XBのバッテリーを交換したのは4年前でした。
まずはその時の写真です。

IMGP1093b.jpg

この時は交換前のバッテリーのCCAは184まで落ちていました。

IMGP1094b.jpg

こちらが4年前に交換した直後の写真です。
CCAが515です。

IMGP4446.jpg

そしてこちらが4年後、CCAは346なので新品の時の67%程度になります。
そろそろ交換した方が良さそうですね。

IMGP4451.jpg

どうせ、交換するならって事で業務用のバッテリー再生機に4日程掛けてみました。

IMGP4455.jpg

こちらが4日後です。
CCAは445、新品の時の86%まで復活してしまいました。
まだまだ使えそうです。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB MOSレギュレーターを試す その3

レギュレーターを純正からヤマハ(新電元)に替えてから2年になります。
これといった不具合は発生していません。

純正の時はアイドリング時にファンが回り出すと12.5V位まで落ちていましたが、
替えてからはファンが回っても13.5V程度、通常は14Vです。

アイドリングの時に頻繁にエンジンがストールする事も無くなり、
とても安定しています。

IMGP2648.jpg

レギュレーターの発熱も殆ど無く、仮で設置した左のシュラウド内でも
問題は無さそうです。

海外の記事

純正レギュレータの元の位置は風が当たって良さそうですが、
エンジンの熱をまともに食らうのでどうなんでしょうね。

XBは08までは3相38Aのオルタネーターでしたが、09、10は単相30Aのオルタネーターになりました。
発電量が足りなかったようで、1125は3相38Aに戻りました。



他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB 最新のECM?

Screenshot_2016-10-04-09-06-51.jpg

最近入手したECMなんですが、何か気が付きませんか?
2010年モデル用みたいです。
ECM Mfg.Date: 2016/05/17
ってなってます。
つい最近じゃないですか。
このECM Mfg.Dateってやつは、ファームのアップデートをしても変わりません。

Screenshot_2016-10-04-09-08-30.jpg

こちらは09XBのです。
まだどこかで作っているみたいですね。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB AMC故障

なんか最近、AMCリレーのスイッチを入れても音が変わらない気がします。
とうとう、エンジンチェックランプ点灯です。
AMC Stuck Openだそうです。

DSC_0474.jpg

ワイヤーが少したるんでいるような。

DSC_0477.jpg

ストックしてあったAMCユニットに取り替えようとして、何だか違和感が。
一箇所違うんですね。

DSC_0478.jpg

何とか取り付けました。コネクタの向きも裏表逆でした。
正常に動作しました。

あとは壊れたAMCの解析です。

その後、単独での動作確認で異常なし。
1枚目の写真でAMC本体に付けた原点位置のマジック跡から若干右にずれています。
原点位置はバルブが閉の状態です。
通常は原点位置より左に回るので、原点位置より右に回る事はありません。
このずれた位置から原点位置に戻ろうと右に回っていたのかも知れません。
カムが付いている出力軸にはクラッチみたいのが付いていて、過負荷で空回りするようになっています。

単独での検査は、橙に+12V、黒がアースで電源を接続後、白をアースに接続すると回ります。
茶色はセンサー出力なので、5Vに1KΩ程度でプルアップしないと信号は見れません。

AMCの動作波形はこちらになります。
AMCの動作


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB MOSレギュレーターを試す その2 本物

前回?なFETレギュレーターを試しましたが、今回は本物です。

IMGP2643.jpg
IMGP2644.jpg
IMGP2645.jpg

それぞれ左が偽物、右が本物です。
本物は裏側がアルミ板です。

IMGP2648.jpg

早速取り付けて実験です。

IMGP2647.jpg

エンジン回転数に関係なく電圧は一定です。

IMGP2650.jpg

偽物のFETレギュレーターと違って温度は殆ど上がりません。

IMGP2653.jpg

こちらは純正のレギュレーターの温度です。

pic_177_3.jpg

FETレギュレーターの入力電流波形です。
50A/divです。

pic_177_4.jpg

純正レギュレーターの入力電流波形です。
測定条件は同じで両方ともアイドリング時です。

今回、使用したFETレギュレーターの情報

ヤマハ純正 1D7-81960-01 購入価格¥14,040税込み
この他にコネクタなどで¥3,000程です。
取り付け金具などいりますが、buellのレギュレーターより安く上がりました。

エアスクープ内に仮付けしましたが、実際に交換するには純正の取り付け位置に付ける工夫が要りそうです。
純正のレギュレーターを取り外して裏側を確認したところ、充填剤にヒビが入っていました。
早めに取り替えたほうがよさそうです。

ヤフオクで出ている中古のレギュレーターも裏側にヒビが入っているのが多いので気をつけましょう。

偽物のMOSレギュレーターはMOS FETではなく昔からあるサイリスタのようです。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB MOSレギュレーター???を試す

以前から気になっていたMOS FETレギュレーターを試してみました。
純正との大きな違いは、純正が30年以上前の設計のオープンタイプに対して、最近のMOS FETレギュレーターはショートタイプです。

IMGP2606.jpg

なぜ???かというと、上の写真を見てお気づきの方もいるとは思いますが、本物ではありません。
裏側にアルミのプレートも付いていません。
本物は高いのでとりあえず中華製の偽物で検証です。

IMGP2602.jpg

コネクタの圧着です。
結構間違えてる方がいますが、防水プラグはこの写真のように被覆と一緒に圧着します。

IMGP2605.jpg

ケーブルは以前にほじほじしたXBの純正レギュレーターから取り外した物を使いました。

IMGP2604.jpg
IMGP2603.jpg

左のエアインテークのネジピッチがちょうどレギュレーターと同じだったので、ここに仮留めしました。

結果ですが、電圧は回転数に関係なくほぼ14Vです。
ただ温度が60℃以上になりました。純正は35℃止まりです。
次回は偽物ではなく本物のMOS FETレギュレーターで試してみる予定です。
なお、今回使用したレギュレーターは3相用ですが、問題なく単相でも使える事がわかりました。

現在入手できるMOS FETレギュレーターはたぶん3相用のみで、単相用なんてありません。
単相で使うには3相用の入力の3本のうち2本を使って、残り1本は使いません。
運が良ければこれで動くでしょう。私はそうしました。
ダメなら諦めましょう。壊れても文句言わないでね!





他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


Buell XB まもなく7年目突入

どうしてこんな寒い時期に買ったんでしょうね。
夏だったら試乗してすぐにあきらめたかも。
まもなく7年目突入です。
気がつけばいっしょにBlog書いていた仲間も他のメーカーの車種に乗り換えて、かなり減ってしまいました。

車検見積もり

きちんと正規ディーラー様で車検とります。
まだ面倒見てくれてありがとうございます。
購入したお店じゃないんですけどね。
昨年の暮れに無理言ってお願いしてきました。




他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


バッテリー 65948-00Aの再生実験 その後

2015-10-27-18-25-35-EBC-A10.jpg

気温も下がってきたので、前回より若干下がっていますが、容量自体はまあまあです。
CCAは130程度です。
CCAが復活しないのはサルフェーションじゃなくて、高温で何かが変わったんじゃないかって気がして来ました。
XBのシート下はバッテリーには最悪の環境かも知れません。
なにしろドライヤーでバッテリーをあぶってるようなものですから。
Dekaの場合、60度以上の環境での使用は保障外だそうです。
DekaのAGM
高温では極板に悪影響を与えると書いてあるじゃないですか。
そう言えば、ユリシスの転倒センサ、最初はバッテリーの隣に付いていたけど誤動作するので目いっぱいシートの後ろに引越しされたんですよね。
今でも取り付け穴だけがバッテリーの隣に残っています。
誤動作の原因は温度ですね。

バッテリーラベル

製造から12ヶ月以上経過したら6~10Aで1時間以上充電しろって書いてありますよね。

充電方法

こちらには15V以上の状態を30分以上続かせない事って。

なんか矛盾してませんか?
10A流すには15V以上必要になりますよ。
こんな事したら中で発生するガスでかなり危ない状態になります。
たぶんこれは、製造後にまったく充電しないで放っぽいといた時の話だと思います。
車輌に搭載して普通に走っていた時の事じゃないので紛らわしい説明は書かないで欲しい。


他の方のBuellのブログは
にほんブログ村 バイクブログ ビューエルへ
にほんブログ村


お問い合わせ
画像、文章等に問題がある
場合はお知らせ下さい。
削除もしくは訂正いたします。
記事の内容について実行する場合は自己責任でお願いします。

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
We Love Buell
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール

ドナパパ

Author:ドナパパ
職業は電子回路の設計屋です。
HDLはVerilog派です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
ブログ村
カテゴリ
FC2カウンター
カウンター付けてみました。2009/07/28
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
車・バイク
698位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
バイク
352位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ